【マンガ】重厚なファンタジー作品『最果てのパラディン』レビュー

4.0
スポンサーリンク

 

「最果てのパラディン1」

今回はアニメ化が決定した

『最果てのパラディン』

のレビューです

『最果てのパラディン』評価

「最果てのパラディン」の評価は

 

☆4.0

 

です

 

評価の詳細は後半に書いていきます

『最果てのパラディン』作品情報

  • 原 作
    「柳野かなた」さん
  • 漫 画
    「奥橋睦」さん
  • キャラクター原案
    「輪くすさが」さん
  • 発 行
    オーバーラップ
  • ジャンル
    ファンタジー
  • レーベル
    ガルドコミックス

本記事で使用している画像の知的財産権は上表の原作者・漫画家・キャラクター原案者・発行元に帰属します

『最果てのパラディン』あらすじ

これは罰なのか。それとも―――

”生“に挫折し、生きることを手放した男に与えられたものは、新たな人生と不思議で歪な家族だった。

磊落な骸骨の剣士・ブラッド、ミイラの淑やかな神官・マリー、偏屈な魔法使いの幽霊・ガス。

三人の不死人の庇護のもと、かつて滅びた死者の街で暮らす少年・ウィリアム。

彼は前世を悔い、再び生まれ落ちたこの新たな世界で”生き直す“ことを決意するのだった。

「小説家になろう」発、王道ハイファンタジー開幕!

引用:BOOK☆WAKER

『最果てのパラディン』キャラ紹介

ウィリアム・G・マリーブラッド

生前は引きこもりだった転生者

3人のアンデッドに武術と魔術を習い成長する

生まれだった地を離れてからはさまざまな人と出会いともに悪魔を退治し

辺境の領地「灯火の河港(トーチ・ポート)」の領主になる

名字の「G・マリーブラッド」は育ての親3人の名前からきている

ブラッド

ウィルの育ての親のひとりのスケルトン

生前は「戦鬼(ウォーオーガ)の異名を持つ最強の戦士

ざっくばらんな性格でウィルの兄貴分として接する

マリー

ウィルの育ての親のひとりのミイラ

生前は地母神の加護を得た聖女

ときに優しくときに厳しくウィルのことを育てる

オーガスタス

ウィルの育ての親のひとりのゴーストで通称「ガス」

生前は大魔導士としてして名を馳せたがとんでもない守銭奴でもある

メネルドール

ハーフエルフの戦士

喋り方は乱暴だがウィルのことを案じ相棒として共に活躍する

ルゥ

ドワーフの王族で周囲からは「若」と呼ばれるが大切にされすぎたせいか自分に自信が無い

ウィルと出会い従者となり自分があこがれる強い戦士を目指す

ビィ

商人のトニオといっしょに旅をするハーフリングの女の子

職業は詩人

トニオ

ビィといっしょに旅をしている行商人

領主になったウィルに領地経営のアドバイスをする

エセルバルド

白帆の都の領主でありファータイル王国国王の弟

上王(ハイ・キング)侵攻後、魔族の手に渡った南辺境大陸を取り戻し開拓するためにウィルに悪魔討伐を命じる

バグリー神殿長

白帆の都の神殿長、傲慢な態度をとっているが実は信心深い

回復の施術料をとらないウィルに対し、それがまかり通ると他の物が困窮すると全体を見る視野も持ち合わせる

『最果てのパラディン』レビュー

主人公のウィルは異転生により異世界に生を受けますがストーリーに異世界転生によるチートによる俺TUEEEなどはほとんどなく、前世の知識がちょっとある程度で純粋なファンタジー作品の要素が強いです

個人的には転生の要素はいらない気もしますが、ウィルが信仰することになる神「グレイスフィール」が生々流転、つまり転生を司る神なのでそのあたりを意識しての転生というエッセンスを加えたのかなと感じました

 

最果てのパラディンの世界観は約200年前に悪魔の王が地上に顕現し人類と壮絶な戦いを繰り広げ、ウィルの育ての親である3人が悪魔の王である上王「ハイ・キング」を封印したものの、世界の南側半分は壊滅し今も人類とハイ・キングの部下たちとの戦いは続いている・・・といったもの

 

未だ戦争が続いている状況なので人々の生活に余裕がなく登場人物全てが善人でもないため、どちらかというと暗めの雰囲気が続くのでハッピーエンドが好きな人や明るい作品が好きな人にはおススメできませんが、シリアスメインのファンタジーや重厚な設定が好きな人には刺さる作品です

 

個人的に好きなシーンは6巻でビィがブラッド・マリー・ガス3人の英雄を讃える歌を歌うシーン

ウィルの育ての親である3人が年月が経っても人々に忘れられることなく語り継がれ、ウィルだけではなくみんなの心の中に息づいているのが、3人に育てられ血は繋がっていなくても家族だったウィルにとっては何よりもうれしいことなのかな・・・と

ウィルが涙ぐむ場面にこちらの心も揺り動かされます

『最果てのパラディン』まとめ

原作は「小説家になろう」から書籍化されましたが小説家になろうの投稿が停止してしまったため未完で終わるのか?と噂されましたが、作者の「柳野かなた」さんが体調を崩していたらしく、現在は再開に向けて頑張っているようです

 

 

アニメ化も決定した本格ファンタジーの「最果てのパラディン」かなり面白いので未見の人は読んでみてはいかがでしょうか