『シュレディンガーの猫探し』ちょっと変わった本格ミステリーのレビュー

4.5
スポンサーリンク

「シュレディンガーの猫探し」

今回は

『シュレディンガーの猫探し』

のレビューです

『シュレディンガーの猫探し』評価

「シュレディンガーの猫探し」の評価は

 

☆4.5

 

です

 

評価の詳細は後半に書いていきます

『シュレディンガーの猫探し』作品情報

  • 著 者
    「小林一星」さん
  • イラスト
    「左」さん
  • ジャンル
    ミステリー、ファンタジー
  • レーベル
    ガガガ文庫
  • 出版社
    小学館

本記事で使用している画像の知的財産権は上表の著者・イラストレーター・発行元に帰属します

『シュレディンガーの猫探し』あらすじ

探偵嫌いの僕と迷宮落としの魔女。

 

妹にまつわる不思議な現象、「やよいトリップ」。未来視とも思えるその力が原因で巻き込まれたとある事件をきっかけに、訪れた洋館。

洋館の表札には『探偵事務所 ラビリンス』。

そして、古めいた書架に囲まれるように彼女はいた――。

魔女のような帽子に黒い服。書架に囲まれた空間そのものが一つの芸術作品のように美しい佇まい。

 

「解かれない謎は神秘と呼ばれる。謎は謎のまま――シュレディンガーの密室さ」

 

彼女――焔螺は、世界を神秘で埋め尽くしたいのだと言った。

 

 

 

「私は決して『探偵』なんかじゃない。神秘を解き明かすなんて無粋な真似はしないよ」

 

探偵じゃないなら、いったい何なんだ。

問えばふたたび、用意していたように即答だった。

 

「魔女さ」

 

まったく、時代錯誤も甚だしいと嘆かずにはいられない。

神秘的で、ミステリアスな一人の魔女に、この日――僕は出会った。

 

第14回小学館ライトノベル大賞・審査員特別賞受賞。

ゲスト審査員・若木民喜氏絶賛の新感覚「迷宮落とし」謎解き(?)開幕!

引用:BOOK☆WAKER

『シュレディンガーの猫探し』キャラ紹介

守明 令和(もりあけ れいわ)

東高に通う探偵嫌いの高校3年生

本人は自覚はしていないがかなりめんどくさい性格で探偵に対しては猛毒レベルの毒を吐く

妹の弥生に対しては超過保護の兄バカだが、姉の飛鳥が事故死で亡くなった時に探偵がプライベートな部分まで土足で踏み込んできたことをキッカケに探偵が嫌いになった、妹に対して超過保護なのもこの事件がキッカケ

焔螺(ほむら)

オッドアイに魔女らしい服装そして自身も魔女と名乗る謎の少女

「迷宮入りの魔女」の名で探偵たちに煙たがられている

見た目も住んでいる洋館もまさに魔女といった風貌でミステリアスだが

スイーツや魔法少女アニメが好きといったかわいい面もある

守明 弥生(もりあき やよい)

令和の妹 同じ学校に通う

いつも笑顔な天然系美少女

その天然な言動と笑顔から恋に落ちてしまう男子生徒も多い

白昼夢のような「やよいトリップ」によりまったく別な場所、時間のことを視ることができる

芥川 くりす(あくたがわ くりす)

令和の友人の文芸部員

在学中から伝説と言われる才女

明智 太陽(あけち たいよう)

弥生と同学年の高校生探偵 ひそかに弥生に想いを寄せている

どこかの子供になってしまった名探偵のように「太陽の名のもとにっっ!!」みたいなセリフが特徴(大抵は口上の途中で邪魔されるw)

推理と理論を突き詰めていく正統派の探偵

金田一 勘渋郎(きんだいち かんじゅうろう)

自称ハードボイルド探偵

飄々とした態度と風体だが指摘は鋭く飄々としている

ゆでたまご

勘十郎の助手をしている女子高生

以前は怪盗をしていた謎の人物

神津 タマ子(かみづ たまこ)

令和や弥生の幼馴染の探偵

安楽椅子ならぬこたつに入ったまま事件を解決する安楽こたつ探偵

歯に衣着せぬいい方で口が悪い

守明 飛鳥(もりあき あすか)

令和と弥生の姉

交通事故で亡くなっている

『シュレディンガーの猫探し』レビュー

この記事のタイトルに「ちょっと変わった本格ミステリー」と書きまして

「変わっているのか」

「本格派」

どっちなんだ?と思う方もいるともしれませんが、ジャンルは間違いなくミステリーです

しかし謎を解き明かすのではなく、謎を謎のまま迷宮入りにし神秘にしてしまうという魔女と探偵嫌いなコンビの、「本格的だけど一風変わったミステリ」というのが、この「シュレディンガーの猫探し」

 

内容は殺人事件などはなく日常で起きるミステリがメインになっていて、普通であれば主人公たちが謎を解き明かすところ、謎を解こうとする癖の強い探偵たちを証拠隠滅やむしろねつ造しながら迷宮入りにしてしまうというハチャメチャぶり

1巻だけでは動機やトリックもあいまいな部分も多く感じられますがそれもそのはず、2巻ラストでは迷宮入りさせた1巻の事件の真の答え合わせがあったりと、1巻丸ごと伏線になっているという大胆さ

それでいて伏線だらけの本編をきれいに回収しながら、全ての謎をきれいに迷宮入りにして神秘のままにしていくのはお見事の一言!

 

文体も独特な部分があったりしますが世界観にあっているためか気にならず、むしろすんなり入ってきて心地よく、挿絵もスクリーントーンを使わず黒と白のみで描かれているエッジの効いた絵が不可思議な作風に会っていてとても引き込まれます

 

3巻で完結となりますがラストも登場キャラ達の未来に希望が持てる内容になっていていい終わり方でした

『シュレディンガーの猫探し』まとめ

ローファンタジーとミステリそしてSFが綺麗に融合した「シュレディンガーの猫探し」

単巻でも楽しめる内容になっていますが、魔導書「シュレディンガーの猫探し」という大きな謎がメインに据えられているため続けて呼んだほうが、当たり前ですが圧倒的におもしろいです

ライトノベルというよりライト文芸や一般文芸に近い読み口の本作

3巻完結と読みやすいのでミステリ好きで気になった方はいかがでしょうか?