【感想】無能力者がペテンで無双『嘘と詐欺と異能学園』【ライトノベル】

4.0
スポンサーリンク

『嘘と詐欺と異能学園』

今回は

『嘘と詐欺と異能学園』

のレビューです

『嘘と詐欺と異能学園』評価

「嘘と詐欺と異能学園」の評価は

 

☆4.0

 

です

 

評価の詳細は後半に書いていきます

『嘘と詐欺と異能学園』作品情報

  • 著 者
    「野宮 有」さん
  • イラスト
    「kakao」さん
  • ジャンル
    ファンタジー、アクション
  • レーベル
    電撃文庫
  • 出版社
    KADOKAWA

本記事で使用している画像の知的財産権は上表の著者・イラストレーター・発行元に帰属します

『嘘と詐欺と異能学園』あらすじ

無能力の最強詐欺師がエリート異能学園で成り上がる。究極の知略ゲーム!

 

国中から集まったエリート異能力者が日々熾烈な競争を繰り広げるハイベルク国立特異能力者養成学校。

無能力者なのにもかかわらず入学試験を突破した天才詐欺師のジンは、〈災禍の女王〉と恐れられる少女・ニーナと出会う。実は彼女も、天才的な演技で周囲を騙し続けてきた無能力者だった。

お互いの秘密を共有した二人は、学園の頂点を目指すため共犯関係を結び、エリート異能力者たちを策略にハメていく――。

「俺とあんたが組めば、世界すら騙し通せる」

最強の嘘吐きたちがあなたを魅了する、究極の“騙し合い”エンターテインメント。

引用:BOOK☆WAKER

『嘘と詐欺と異能学園』キャラ紹介

ジン・キリサキ

表向きは異能力者を育てるハイベルク国立特異能力者養成学校の新入生だが実は無能力者でありその正体は詐欺師

自分を育ててくれた伝説の詐欺師を拷問の末に殺した《白の騎士団》に復讐するためにハイベルクへ潜入する

詐欺師なだけあってしゃべる言葉のほぼ全てがテキトー

ニーナ・スティングレイ

兄2人が《白の騎士団》に所属しているシティングレイ家の令嬢

「災禍の女王」と呼ばれる強大な力を有しているエリート異能力者で、養成学校へも試験免除で入学しているが

実は無能力者であるが天才的な演技で周りをだまし続けてきた

エマ・リコリス

ジン、ニーナと同じクラスの女子学生

明るく朗らかな性格でちょっと抜けているところがあるが、実は二重人格者で帝国と敵対している共和国のスパイ

ベネット・ロアー

入学試験免除のエリートの男性

弱者を切り捨てる養成学校の在り方に反抗し弱者救済の旗を掲げる

実際は裏では弱者をいたぶり搾取しようとしとしていたがジンとニーナによって倒され養成学校を追放される

強大な炎を操る異能力者

カレン・アシュビー

入学試験免除のエリートの女性

武器商人である貴族・アシュビー家の令嬢らしく勝気な性格で何人もの生徒を決闘で打ち負かしている

小さいが大量の結晶を操る異能力者

サティア・ローデル

カレンにつき従うメイド

相手のあらゆる行動を先読みして準備する優秀なメイド

オリジナルブレンドの劇マズ紅茶を作る癖がある

キャスパー・クロフォード

入学試験免除のエリートの男性

女好きで軽薄なチャラ男、他人に幻影を見せる異能力者

『嘘と詐欺と異能学園』レビュー

異能力者が集まる国内最高の学院でなんの能力も持たない2人がペテンと演技でのし上がっていく

しょっぱなから主人公ジンのペテンがさく裂し、その後はニーナと出会いさらにペテン合戦がヒートアップ!

ラストバトルもで騙し合いからの騙し合い、終わりかと思ったらそこからさらにペテンがさく裂!と面白くて一気読みしていしまいました

1巻のラストではジンたちが追いかける《羊飼いの犬》がエマだったという事実が衝撃的なのかもしれないけど、なんというか本読みすぎなせいか最初からちょっと疑って読んでたところもあったので結構納得いってしまった

あぁ、純粋な心をなくしてしまった大人というのは世知辛いもんだ・・・

 

そして2巻ではエリート異能力者2人が登場し、2人相手に信用詐欺を仕掛けるジンたち

強大な異能力者との手に汗握るバトル、ペテンで戦うジンたちの用意周到な仕込みが今回も炸裂!

 

衝撃の1巻ラストでエマが《羊飼いの犬》かと思っていたら・・・実は敵対国のスパイだったという・・・1巻読み終わった時は

「ふっ・・・先読みできてたぜ」

なんて悦に浸っていたらまったく見当はずれで恥ずかしかったですw

『嘘と詐欺と異能学園』まとめ

全体的に叙述トリックも多めで知略戦メインのストーリーなので手に汗握る騙し合い、知略戦が好きな人にオススメの作品です