電子書籍サービス『Renta!(レンタ)』のメリット・デメリット

スポンサーリンク

最近はコロナウイルスの影響により外へ出る機会も少なくなり、動画配信サービスや電子書籍サービスを使うことも多くなってきていますが・・・実際、どのサービスを使うかで迷っている人も多いと思います

そこで今回は電子書籍サービス『Renta!(レンタ)』使おうか迷っているあなたに、『Renta!(レンタ)』を使用して5年借りているマンガ数が1,500冊を超えているわたしが『Renta!(レンタ)』のメリット・デメリット紹介していきます!

また、後半には「10%以上安く」する方法も紹介していきます

Renta!(レンタ)のメリット

・専用アプリのダウンロードがいらない!

・シークバーがあるので読みやすい!

・48時間レンタル作品あり!

・全作品に無料サンプルあり!

・レンタルした作品は他の端末からも閲覧できる!

専用アプリや作品データなどのダウンロード不要で読めるのはかなり楽ですね、またシークバーですが紙の本の場合、自分がどのあたりまで読んでるかがわかりますが電子書籍の場合、シークバーがないとどのあたりまで読んでるのかがわからないので、大したことないように見えて意外に便利です

また、全作品に無料サンプルがありますので

・内容が分からなくて読んでみたいけどどうしよう?

・買ってみたら絵柄が好きじゃなかった

なんてことを事前に防ぐことができます

 

48時間レンタルで安く読むこともできますので

・無料サンプルでまずはお試し

・48時間レンタルで1冊読む

・気に入ったら無期限レンタル(実質購入)にアップグレード

このようにすると自分に合った作品だけ無期限で見れるので1番お財布に優しいですね^^

Renta!(レンタ)のデメリット

・すべての作品に48時間レンタルがある訳ではない

『renta!(レンタ)』1番の売りであるネットでの電子書籍レンタルですが、全ての作品に48時間レンタルがないのはちょっと残念ですね・・・特に人気作や新作は48時間レンタルがない傾向が強いです

 

あとは個人的にですが「アルファポリス」と「コミックガルド」の作品を取り扱っていない!

異世界転生モノ大好きな管理人としてはかなりツライですw

このように扱っていない出版社・作品もありますので、事前に自分の好きなジャンルや出版社の作品が揃っているかどうかは調べておいたほうがいいです。

 

Renta!(レンタ)の信頼性

電子書籍サービス「Renta!(レンタ)」の運営会社は「株式会社パピレス」という会社です。

運営会社である「株式会社パピレス」の旧社名は「株式会社フジオンラインシステム」といい、1995年に「富士通」の社外ベンチャー企業として出発していて25年以上の実績があります

また「Renta!(レンタ)」は2007年からサービスを開始していて10年以上の実績もありますので急にサイトが無くなったりするような心配はありません

 

Renta!(レンタ)の品ぞろえ

『Renta!(レンタ)』で取り扱っている作品数は
17万作品以上(2020年8月10日時点)

 

17万というのはタイトル数なので1タイトルが4巻まで出てるとすると、約68万冊の電子書籍を扱っていることになります。

ジャンルの内訳は以下の通りでボーイズラブ・ティーンズラブが多いです

Renta!(レンタ)の支払方法

数ある電子書籍サービスの中でもクレジットカードをはじめ決済方法は他の電子書籍サービスに比べてもかなり多いです

「おすすめ電子書籍サービス」Renta!支払方法

Renta!(レンタ)の特典

得点1 ボーナスポイント

「おすすめ電子書籍サービス」Renta!ポイント

3,000ポイント以上にはボーナスポイントが付きます

毎月たくさんのマンガを読む方なら10,000ポイントを一括で購入するとマンガ1冊分くらいはお得になります

得点2 会員ランク得点

購入金額に応じてランクアップすると最大3%ポイントが還元されます

なお各ランクは当月+直近2か月の合計使用ポイントによって決まります

ブロンズ0~14,999ポイント1%還元
シルバー15,000~49,999ポイント2%還元
ゴールド50,000ポイント~3%還元

 

得点3 Rakutenポイントがたまる

 

Rakuten Rebatesと提携しているため購入金額の4.5%が楽天ポイントとして還元されるので

楽天ユーザーならお得です

得点4 ポイントサイトでポイントバック

 

ポイントサイトの「バリューポイントクラブ」経由で購入すると11%のポイントバックがあります

「バリューポイントクラブ」は1ポイント=1円で、毎月1,000ポイント以上たまると指定口座に自動で振り込みされます

全て合わせると18.5%になるんですが

「バリューポイントクラブ」と「Rakuten Rebates」の併用はできないみたいなので

割引率の高い「バリューポイントクラブ」と「会員ランク」を組み合わせた14%分の割引で考えると

500円のコミックを買った場合

  500円×14%=70円

  500円-70円=430円

とかなりお得になります

Renta!(レンタ)まとめ

今回は『Renta!(レンタ)』についてまとめてみました

他の電子書籍サービスのような割引きクーポンはありませんが、ポイントサービスなどを使うことにより同じくらい安く読むことができますし、48時間レンタルという独自の機能をうまく使うことにより出費を抑えて読むことができます

本屋で本を探すのも楽しいですが検索してすぐ読める電子書籍サービス『Renta!(レンタ)』で、好きな作品を読んでみてはいかがでしょうか

 

Renta!はこちら